【映画レビュー】賛否両論!?ロック好き必見映画!クドカン監督脚本「TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ」を観た感想【ネタバレあり】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_3755

2016年6月25日に公開した

宮藤官九郎監督・脚本作品「TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ」を観てきました。

今日はその感想とレビューをつらつらと書こうかなと思います。

その前に、僕はクドカン作品のファンです。

「池袋ウエストゲートパーク」「ピンポン」「木更津キャッツアイ」「タイガー&ドラゴン」「未来講師めぐる」「ごめんね青春」「ゆとりですがなにか」あたりが好きです。

とりあえずクドカンの関わった作品は、ほぼ全部観てると思います。

なので、かなり偏ったレビューです。何卒ご理解ください。

思ったことガンガン書いていきます。

※ネタバレ含みますのでまだ観てない方はご了承ください。てかネタバレ満載です。

あらすじ

フツーの高校生・大助は、同級生のひろ美ちゃんのことが大好き。修学旅行中のある日、大助は不慮の事故に遭ってしまう。目覚めるとそこは―深紅に染まった空と炎、ドクロが転がり、人々が責め苦を受ける、ホンモノの【地獄】だった!! なんで俺だけ!? まだキスもしたことないのに、このまま死ぬには若すぎる!!
慌てる大助を待ち受けていたのは、地獄農業高校の軽音楽部顧問で、地獄専属ロックバンド・地獄図を率いる赤鬼のキラーK。
キラーKによると、なんと、えんま様の裁きにより現世に転生するチャンスがあるという!
キラーKの“鬼特訓”のもと、生き返りを賭けた、大助の地獄めぐりが幕を明ける!!!!!

(HPより抜粋http://tooyoungtodie.jp/)

観る者を選ぶ、ロック×純愛のB級コメディ映画

もうね、最初から言っときますけど、この映画はB級映画ですよ。

しかもロック好きにはたまらないB級映画

なので映画を真剣に、真面目に観て批評する方にとっては多分星1つですよ。

だって、設定に矛盾が多くてふわっとしてるし、転生や閻魔の裁きの定義がよくわかんないし、輪廻転生したらなぜか毎回便所からスタートするし、ついに人間になれたかと思いきや、今度は便所じゃなくて精子からスタートするし・・・

もうめちゃくちゃ

でもこの作品はそれでいいと思います。だって面白いし笑えるから。

地獄が舞台ですよ?多少の矛盾は全然オッケー!!

設定とか話の筋とかどうでもよくなってきます。頭からっぽで見た方がいいです。

そう、エクスペンダブルズ観るぐらいの頭からっぽ加減で。

エクスペンダブルズ (期間限定価格版) [DVD]

ロックファンにはたまらないキャスト陣

まず、この映画はある程度のロックの知識がなければ、真の面白さは感じられないかもしれません。

主演の長瀬智也や神木隆之介も本当に良い演技なんですが、ちょい役で出てくるキャスト陣がとにかくロック好きにはたまらんのです。

必見なのがChar野村義男ギターバトル

ジゴロックっていう輪廻転生のために行われる音楽バトルに出てきます。

この対決がクソかっこいいんです。クロスロードかよ。

ここで「Charとよっちゃんヤベェ・・・」ってなります。

よっちゃんの教則本なんてギター初心者の頃に絶対読んでますよね。

あれ、読んでないですかね

野村義男が弾いて教える 「10日間 エレキギター塾」

んでこのジゴロックの過去の覇者がなんと

オジー・オズボーン、ジーン・シモンズ、葉加瀬太郎、篠山紀信らしい。

超やばい。

そして、物語の後半、突如始まる大助(神木くん)VSじゅんこ(皆川猿時)のギターバトル。

これがホント、個人的に超うれしかった

ちなみにじゅんこは、現世で大助に片思いしてた女の子です。

まさに地獄まで追いかけてきた感じ

見た目は完全におっさん。皆川さんの演技がすごすぎて笑いが止まりません。

そのじゅんこがジミヘンランディ・ローズの手をくっつけ、自らを超絶ギタリストに魔改造してやってきます。手が6本になります

ギターもネックが6本。マイケル・アンジェロ大先生でも弾けませんわ、こんなもん。

あ、地獄には亡くなった有名ミュージシャンの右手やら左手が売ってるんですよ。

鬼野楽器って店で。(山野楽器のパクリ。)さすが地獄。

でもね、やっぱり伝説のプレイヤーの手を使うということは少なからず代償があるわけで。

身体が暴走し、なぜか分裂します。

その分裂したじゅんこが、なんとマーティー・フリードマンROLLY

マーティーやっぱかっこいいすわ。あとROLLYの顔で弾くプレイは健在。2人とも最高。

まさに地獄のメカニカル・トレーニング・フレーズばりのギターテク。しびれる。

ギター・マガジン 地獄のメカニカル・トレーニング・フレーズ(CD付) (リットーミュージック・ムック)

ちなみに序盤でキラーKが大助に伝授した、顔で弾くチョーキングがここで出てきます。

なんの伏線だこれ。

この対決も完全にクロスロード。絶対クロスロード好きやろ笑

クロスロード [SPE BEST] [DVD]

他にもライバルバンドのドラマーでシシド・カフカが出たり、

ちょい役でみうらじゅん、木村 充揮が出たりします。みうらじゅんがホントいいキャラ。

何の罪で地獄に落ちてきたのか非常に気になりますが。

バカバカしさの中にもやっぱり切ない物語

さてさて、おバカな内容ではありますが、やはりクドカン、ストーリーが切ないです。

まずこのお話、あらすじに書いている通り、大助が人間への転生を目指すわけですが、

転生って生まれ変わることです。

だから大助が仮に転生して生まれ変わったとしても別の存在になるだけ。

元の、高校生の大助ではありません。

そして転生のチャンスは7回

インコになったり、ザリガニになったり、アザラシになったり、犬になったり、カマキリになったり・・・うまく人間なっても精子だったり・・・

その間、現世の時間は流れ続けます。地獄での1週間が現世での10年です。

ひろ美ちゃん(森川葵)は、年をとってひろ美さん(宮沢りえ)に。誰かと結婚してます。

子供もできます。

大助は大好きなひろ美ちゃんに会うために地獄で頑張り続ける。でも時は残酷に流れ続ける。

仮に大助じゃなくなったとしても、ひろ美ちゃんに会いたい一心で人間への転生を夢見る。

大助は今時のゆとり世代の若者で、恋愛に不器用です。

おしゃれでバンドをやってみたり、髪の毛いじってみたり、ひろ美ちゃんがよくいる公園を何往復もして偶然を装ってみたり・・・現世でも地獄でも彼は不器用です。

しかも最期は、修学旅行のバスの中で、ひろ美ちゃんにもらったバナナを喉に詰まらせて死んじゃう。

でも死因なんてどうでもいいんですよ。

彼の短い人生にとって、ひろ美ちゃんが全てであり、生き甲斐だったんです。

死んだことも受け入れたし、もう大助として会えないのは分かってる。

でも彼は転生を目指すんです。どうしても彼女に会いたいんです。

かっこいいですよ。

そしてキラーKの存在。この映画のもう一人の主役

キラーKも元々人間で、音楽で食っていく事を目指しながらスタジオで働く男・近藤でした。

(ちなみにこのスタジオでバンド練習してたのが大助です。実は元々お互い知り合いでした。)

近藤は死神というあだ名をつけられた女性、なおみと恋に落ちます。

なおみがまたいいキャラしてます。

ある時、献身的に尽くしてくれるなおみの行動が、近藤の音楽家としてのプライドを傷つけてしまいます。その結果、つい暴言を吐き、なおみは家を出てしまいます。

傷心の中、近藤に今まで思いついたことがない美しいメロディが浮かびます。

そのメロディを30時間ぶっ続けで曲に仕上げていく近藤。

完成した曲の名前は「天国」。

彼は自転車を漕ぎ、曲を聴かせるため、傷つけてしまったなおみの元へ向かいます。

そんな矢先、遮断機の降りた踏切内で、身動きの取れなくなった子供の声を聞きます。

子供を助けるため線路に飛び込んだ近藤。でも子供はすんでのところで自力で脱出。

線路に一人残される近藤。顔には安堵と諦めの表情。

結局、近藤はたった一人死んでしまいました。しかも自殺で。

自殺はあらゆる死の中で一番重い罪です。当然地獄行きです。

しかもこの近藤、実は最後の、7回目の転生だったんです。

すべての転生に失敗してしまった近藤はキラーKとなり、一生閻魔様の下で鬼として働くことになってしまうのです。

そんな中、地獄に落ちてきた大助と関わることで、近藤となおみの間に息子がいたことを知ります。キラーKに生まれた後悔。もう会えないのに。

本当に、この2人の主人公が素敵です。

特に近藤とキラーKの対比は良かったです。冴えない近藤と地獄のヒーローキラーK

そして近藤が作った「天国」って曲が本当に名曲です。

向井秀徳が作曲らしいです。

この曲が本当によくて、思わずサントラ買いました。

TOO YOUNG TO DIE! 地獄の歌地獄

果たして彼らの想いは届くのか・・・

それは観てからのお楽しみです。

まとめ

賛否両論ある本作品ですが、僕は星5つですかね。

だってね、アイスも食えるし、スムージーも飲めるこの世界がいいなって思えましたもん。

そう思わせてくれただけで良かったです。

読んでいただいてありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク