仕事が嫌ならさっさと辞めて次に行こう。会社を辞めて転職をする前にやってほしい5つのこと

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

誰しも一度は会社を辞めたいと思ったことがありますよね。

人間関係が辛い、仕事内容が嫌だ、給料が少ない、職場環境が悪い・・・

会社を辞めたくなる理由は人それぞれです。

かく言う僕も転職経験者です。

前職では終電ギリギリまで働くのが当たり前で、朝方タクシーで帰ることもしばしばありました。仕事や人間関係で溜まったストレスによって体調を崩したり、暴飲暴食で激太りしたり(その後ダイエットで激やせしました)、毎日のように上司からパワハラを受けたり、今思い出してもひどい生活でした。

せっかく就いた仕事でも、ワーク・ライフ・バランスが保てなくては意味がありません。

仕事って無理して続けなくていいと思うんですよ。

嫌だと思ったら辞めていいと思います。入社して数ヶ月だって数週間だって、嫌ならさっさと次に行った方がいいです。それに楽しくない仕事なんてやる意味ないです。

長い人生、辛いことを我慢して生きるなんて、あなたの人生が勿体無いと思います。

家族や友人もあなたが辛い思いをして働いているところを見たくないと思います。

辞めようと決めたら、勇気を出して、上司に退職願を叩きつけましょう。

ただ、いざ会社を辞めて転職しようと決めても

一体何をどうしたらいいのか、すぐに次の仕事が見つかるのか、いろいろと不安ですよね。

そこで今回は、会社を辞めて転職する前にやってほしい5つのことを紹介します。

ポジティブな退職理由を考える

会社を辞める理由は人それぞれですが、ネガティブな理由で辞めようとすると退職が難しくなります。

辞めることを告げる際、仮に「人間関係で辛いから」「給料が少ないから」などと言ってしまうと「部署を変える」「これから給料が上がるから我慢してくれ」などとうまいことを言って引き止められます。

口のうまい上司や人事部に言いくるめられ、結局環境は変わらないままです。

正直すぎると辞めるまでの期間、上司や同僚にいろいろと小言を言われ、苦しい思いをすることもあります。

また、ネガティブな理由だけで辞めてしまうと転職活動時に大変苦労します。

なぜなら転職活動時、絶対に「なぜ前の会社を辞めたのか?」を聞かれるからです。

ネガティブな退職理由だけだと人事担当者に「またすぐ辞めるだろうな」と思われてしまいます。

ですので、ポジティブな退職理由を考えておきましょう。

例えば、「違う職種で自分の実力を試したい」「地元に戻って、培った経験を活かしたい」「ここで得た知識や経験を糧にスキルアップしたい」といった前向きなものです。

辞める理由なんて、その場しのぎの嘘っぱちで構いません。ただ、より信ぴょう性のある具体的なものを準備しておきましょう。

あらかじめポジティブな理由をいくつか考えておけば退職時や転職時に大いに利用できます。

今までの経験、実績や成績をまとめる

転職時に必ずと言っていいほど出さなければいけないのが、職務経歴書です。

しかも新卒時の採用とは違い、第二新卒を除いて中途採用では即戦力を求めていることが殆どです。

そのため、「いかに自分が使える人間か?」をアピールする必要があります。

面接の際にも「今まで何をやって、どのような結果を出してきたのか」を必ずと言っていいほど聞かれます。そこで言葉に詰まるようでは中途採用面接は突破できません。

そこで前職での経験、実績や成績を洗い出し、文書や表にしておきましょう。そうすることで自分の強みや弱みも見えてきますし、新たな転職先を深く考えるための指標にもなります。

次の会社(仕事)に何を求めるのかを決めておく

運良く転職できても、前の会社と同じような思いをしてしまっては勇気を出して会社を辞めた意味がありません。

これから勤める会社に求めるものは先に決めておきましょう。

求めるものや優先するものを決めることで、転職後も後悔することなく働くことができます。

また多少の不満が出ても納得できます。

年収なのか、福利厚生なのか、良好な人間関係なのか、働く場所や時間などの環境なのか

自分の人生で優先したいものをベースに考えると良いでしょう。

転職サイトに登録し、転職活動のイメージを湧かせる

転職というとハローワークが真っ先に浮かびますが、最近はインターネットでの転職活動が主流です。

そこで転職を行う前にいくつか転職サイトへの登録をしておきましょう。

自分がやりたい職種や業種を始め、知らなかった業界についても、前もって調べることができるので転職時のイメージも湧きやすくなります。

複数のサイトを登録しておくことで幅も広がります。

一般的な転職サイトの他にも第二新卒向けの転職サイトやITや看護など専門職向けの転職サイトがあります。
第二新卒向け転職支援サービス マイナビジョブ20’S

また、忙しくてなかなか有給が取れない人や企業とのミスマッチを減らしたい人にオススメな転職エージェントを利用するサービスもあります。エージェントならば、土日でも転職相談に乗ってくれますし、履歴書や職務経歴書作成を手伝ってくれます。
人材紹介サービスマイナビエージェント

自分に合った転職サイトを探して、いくつか登録してみましょう。

転職に対するモチベーションを高める

転職で一番大切なことがモチベーションを高めることです。

同僚や家族、友人の反対もあるかもしれません。しかし、結局自分を変えるには自分が行動するしかありません。

転職は給料が下がる、社会的評価が下がるといったネガティブなイメージがついてしまいがちですが、全くそんなことはありません。欧米諸国では転職はステップアップのための重要なアクションです。

むしろこれからは、ライフスタイルの変化によって日本でも欧米諸国のような複数回の転職が当たり前になっていきます。

転職によって、今よりも良い職場に巡り会えた人はたくさんいます。

周りの転職経験者の話を聞いたり、書店で転職に関する本を読んだりと、転職に対する自身のモチベーションを高めましょう。

転職は人生の一大イベントであり、人生をやり直すためのチャンスです。

会社を辞めたくなったら、事前準備をしっかりやって、今の会社をさっさと辞めて次に行きましょう。

長い社会人生活、もっと素敵な職場で過ごしてみても良いと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク