【映画レビュー】日本VS怪獣をリアルに描いた映画、庵野秀明監督作品「シン・ゴジラ」を観た感想【ネタバレあり】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年7月29日公開、「シン・ゴジラ」を観てきました。

今回はそのレビューと感想を書こうと思います。

この映画、僕の中では2016年最高です。鑑賞後の余韻がすごくて、思わず拍手した。

せっかく公開初日に見たのに、いろいろ書き直してたら投稿が遅くなってしまった。

ネタバレありまくり&偏った意見を交えながらレビューしていきますのでご了承ください。

すでに観ている方向けに書いているつもりなので、あらすじや内容の解説ははしょります。

怪獣VS日本を描くドキュメンタリー映画だった

この映画は、

日本(のおっさん達とお姉さん達)が怪獣の駆除に奮闘するドキュメンタリー映画でした。

しかもユーモラスで笑いどころもたくさんあるSF映画でもある。

この映画はヒーローが出てこないんですよ。

これまでのゴジラ映画の場合、ゴジラを倒すために正義の怪獣や日本の隠し兵器が出てきたり、逆にゴジラがヒーロー的位置づけにあったりと、ファンタジー色が強かった。特別な能力を持った人間なんかも出てきてた。てか、それがゴジラ映画だと思ってた。

今回はそんな特別なキャラクターが一切出てこない。

あくまでもリアルに、ゴジラ=天災(未知の敵)として描いてる。

有事が起きた際の政府の慌ただしさ、実在する関係各機関とのやりとり、法律の解釈をうまく利用して自衛隊を出動させるところ、政治家と官僚の密な関係性、被害が起きている東京と何も起きていない地方の温度差etc…

3.11や原発事故などを必然的に思い起こさせるようなカットがたくさんあったし、現在の日本がどう立ち向かっていくかという点に主眼を置いていた。それがもう、めちゃくちゃリアルだった。

実際、日本ってここ数年特に、天災っていう未知の敵とずっと戦ってますよね。

だからみんな「ヒーローなんていないんだ」って思ってるし、心のどこかに絶望や虚無感などが未だにあると僕は勝手に思ってる。

そういう気持ちを逆手にとって作ってる。しかも観ている日本人が、「俺たちまだやれる!」って勇気が出るように作ってる。そこが一番大きかった。

ゴジラという、どこの国にも所属せず単純に暴力と混沌をもたらす怪獣(天災)を、個ではなく集団の力で倒す。

そこがあまりにも日本人としてリアルで、我々が体感した現実を踏まえて作られているからこそ、ゴジラを倒した時、めちゃくちゃ感動した。日本はまだ大丈夫だって思えた。

シン・ゴジラの持つ気持ち悪さと怖さ

それから今回のゴジラはすごく気持ち悪い。そして怖い

ゴジラが初めて海から陸地に上がってきた時「え、なにこれ今回の敵?」って思ったぐらい、近年のゴジラのイメージとはあまりにもかけ離れたグロい見た目。

醜い顔やブヨブヨした質感、うつろで死んだ魚のような目、身体からドボドボと流れ出てくる赤黒い血。生物が持っている、妙な気持ち悪さを前面に押し出したフォルムだった。

そんなグロテスクな生き物が這いつくばって、ゆっくりと街を破壊していく。

実際あんな生物に遭遇したらオシッコ漏らす

そういえば庵野監督といえばエヴァシリーズですね。

エヴァは、人造人間という「作られた生物」としての妙な気持ち悪さがある。

まさに今回の放射性物質により作られたゴジラもそれだった。

で、その気持ち悪いゴジラが、ありえない速度で「進化」していく。

血を出しながら、街を破壊しながら、ついに立ち上がる。

一度目の進化後、海に帰り再び現れた時、もはや前回の見た目とはかけ離れた超巨大生物へとさらに進化していた。2条3条の法則に則った進化後の姿。

しかも自衛隊も米軍も敵わないほどの攻撃力と防御力も備わった。まさに絶望的。

放射性物質を撒き散らしながら街を破壊していく、最強モンスターになってしまった。

シン・ゴジラの「シン」は、新であり神。破壊神が存在するとすれば、もしかしたらこんな形かもしれないなと思った。とにかく生物として、すごく怖かった。

シン・ゴジラに勝った日本

この映画を観て言いたいことは他にもたくさんあるんだけど、

シン・ゴジラの何が一番良かったかというと、日本が最後にゴジラに勝てたことです。

映画の中だけかもしれないけど、僕ら日本人は確かに勝った。

現実の日本は

震災や原発事故には全く歯が立たなかった。

宗主国様の言いなりだし、お隣の国共は、常に隙を狙っている。

国力の衰えと平和ボケが輪をかけて酷くなっている。

政治も経済も先行き不安でめちゃくちゃ。

国民の幸福度が非常に低い。みんな疲れてる。

そんな日本が、映画の中だけでも、ゴジラという強大で恐ろしい敵に立ち向かい、みんなが力を合わせて戦い、ついには勝った。

つかの間の勝利かもしれない。それでも勝った。

そこには、思想に右も左もなく、立場も関係なく、「日本を守る」というただその一点の想いしかない。

この映画は、「僕たち日本人はまだまだやれる」っていう強い気持ちと希望を与えてくれる。

全国民にオススメしたい今年No.1映画でした。