ビジネスは映画から学べ!若手&中堅ビジネスマン向けおすすめ名作・良作映画5選

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

若手ビジネスマンや中堅ビジネスマンに是非観てほしい映画を、個人的な感想を交えて5本紹介します。

気軽に観て楽しめるものを選んでみました。

マイレージ、マイライフ (原題:Up in the Air)

マイレージ、マイライフ (字幕版)

ライアン(ジョージ・クルーニー)はリストラ宣告の仕事を生業とするエリートビジネスマン。

1年のほとんどを出張に費やし、全米中を飛び回っています。結婚には興味なし、家族にもほとんど会わない生活。そんな彼の夢は飛行機で1000万マイルを貯め、憧れのフィンチ機長と会うこと。

ある時、新入社員のナタリー(アナ・ケンドリック)がコスト削減のため、現地出張を禁止してネット越しに解雇宣告をするシステムを提案します。ライアンはシステム導入のせいで自分の夢が叶わなくなると思い、猛反対。リストラ宣告の現場を知らないナタリーに現場を経験させるため、また心変わりさせるため、彼女を自分の仕事に同行させます。

ナタリーとの関わり、出張先で出会ったビジネスウーマンのアレックス(ヴェラ・ファミーガ)との関わり、自身の家族との関わりの中で、人生の大半を仕事に費やしていたライアンの心に、少しずつ変化が現れていきます。

仕事を頑張っていると「なんでこんなに一生懸命働いてるんだろう」って思うことありますよね。そんな時はこの作品がピッタリです。

主人公ライアンを通して、「人生とは何か」をやんわりと説いてくれます。

自分が生きた跡には何が残るのだろう、何を残せるのだろう、そんなことを考えさせてくれる映画です。


マイレージ、マイライフ – 予告編

ウルフ・オブ・ウォールストリート (原題:The Wolf of Wall Street)

ウルフ・オブ・ウォールストリート [DVD]

26歳という若さで、日本円にして年収49億円を稼ぎ出した伝説の男、ジョーダン・ベルフォート。実話を基に作られたドラマです。

証券会社にブローカー見習いとして入社したジョーダン・ベルフォート(レオナルド・ディカプリオ)。そこで出会ったカリスマ上司、マーク・ハンナ(マシュー・マコノヒー)。

ジョーダンは憧れの彼から金を稼ぐためのヤバいアドバイスを受けます。

ジョーダンは見習い期間を経て、晴れて正式なブローカーになったのですが、なんとブローカーデビュー初日に会社が倒産。

ジョーダンは仕方なくペニー株(格安株)を売る小さな会社に再入社します。

そこでペニー株の旨味を知ったジョーダンは仲間を集め、自身のカリスマ的営業トークとマーク直伝のアドバイスを胸に証券会社を立ち上げるのです。

そこからジョーダンが「ウォール街の狼」と呼ばれるようになるまでの経緯が描かれていきます。

この映画は何と言ってもディカプリオの演技が最高です。狂いっぷりが半端じゃないです。

そして、話術がとにかくすごい。ジョーダン本人が実際にコーチしたそうです。

集めた仲間に、ペンを用いて営業テクニックを教える名シーンがあります。

そのやりとりにビジネスの真髄が詰め込まれています。営業職の方は観ていてきっとシビれます。

中盤でのジョーダンのスピーチも名演説です。

営業マンには絶対おすすめの作品です。


映画『ウルフ・オブ・ウォールストリート』予告編

マネーボール (原題:The Art of Winning An Unfair Game)

マネーボール [DVD]

マイケル・ルイス著「マネーボール」を原作としたヒューマンドラマ。

現実にあった出来事を基に描かれており、ほぼノンフィクションです。

経営危機&主力選手の放出に悩む、オークランド・アスレチックス。球団のGMであるビリー・ビーン(ブラッド・ピット)は、たまたまトレード交渉のために訪れたインディアンズのオフィスで、パソコンとにらめっこをしている若手社員ピーター・ブラント(ジョナ・ヒル)に出会います。

ピーターは統計学によって選手を客観的に評価する「セイバーメトリクス」を用いて、一般のスカウトマンとは違う尺度で選手を評価をしていました。

ピーターの能力と新しい考え方に目をつけたビリーは、すぐさま彼をスカウト。

セイバーメトリクスによって、埋もれた選手やまだ使える選手を発掘することで、お金をかけずに強いチームを作ろうとします。

ところが新しい価値基準を取り入れようとするビリーに対して長年自分の目で選手を見極めてきたスカウトマンや、新しいやり方に納得いかない選手達は反発します。

様々な葛藤や想いが渦巻く中、万年ビリのアスレチックスは果たして強くなるのか。

静かだけど、野球にかける想いが伝わってくる熱い映画です。

何か新しいことに挑戦し、成し遂げようとする時、きっとそこには苦悩や葛藤、覚悟があるはずです。それは通らなくてはならない道であり、誰もが感じることでしょう。

自分が追い込まれている時やビジネスリーダーとなり責任を負う立場になった時、この作品はきっと勇気を与えてくれると思います。


ブラッド・ピット主演『マネーボール』予告編

インサイドジョブ 世界不況の知られざる真実 (原題:Inside job)

インサイド・ジョブ 世界不況の知られざる真実 [DVD]

リーマンショックを始めとする世界金融危機の実態を専門家や政治家たちへのインタビューを基に紐解いていくドキュメンタリー映画です。

リーマンショックがどうして引き起こされたのか、サブプライムローンとは何なのか、などを分かりやすく解説していきます。

ちなみに字幕版のナレーションは俳優のマッド・デイモンです。

「ウォール街」や「マネー・ゲーム 株価大暴落」のような金融を題材とした映画で描かれるようなぶっ飛んだマネーゲームは実在しているということを見せつけてくれます。

歴史的金融危機の背景には人間の欲深さがあります。見終わった後は人間がいかに強欲で卑しいかを感じると同時に、お金の怖さを知ると思います。

世界経済の勉強をしたい方にも是非オススメしたい映画です。


映画『インサイド・ジョブ 世界不況の知られざる真実』予告編

ソーシャルネットワーク (原題:The Social Network)

ソーシャル・ネットワーク [SPE BEST] [DVD]

世界最大のSNS「Facebook」を創った男、マーク・ザッカーバーグのお話。

ザッカーバーグの人間性や友人との関わりから、Facebookの立ち上げや訴訟問題までを過去と現在を交互に映し出しながら描いていきます。

ちなみにザッカーバーグを演じるジェシー・アイゼンバーグは、この映画で数多くの主演男優賞を獲得しました。

Facebookという偉大な発明によって、我々は気の合う仲間を見つけたり、旧友と連絡を取り合ったり、遠く離れた知人の近況を知ったりと、僕たちは世界中どこにいても簡単に誰かとつながることができるようになりました。

そんなFacebookを立ち上げた天才、世界有数の億万長者であるザッカーバーグですが、実は性格に難があり、当時は理解してくれる友達も少なかったのです。さらにはアイデアを盗んだと言われ訴えられる始末。もう散々です。

お金があっても孤独なザッカーバーグ。この作品に出てくる彼は、きっと良き反面教師となってくれるはずです。

まとめ

以上、若手&中堅ビジネスマン向けおすすめ映画5選でした。

どれも心に残る名作です。

仕事をやっていく上で、役に立ちそうなセリフやシーンもたくさん出てきます。

これからのビジネスや成功のための参考にしてみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク