トリックや内容が面白くて絶対にハマるオススメミステリー小説5冊

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。

突然ですが、僕は本が好きです。

ジャンルを問わずにいろいろな本を読むのですが、小説ではもっぱら推理モノ、あるいはミステリーを好んで読んでいます。

その中で、これまでに読んだミステリー小説の中で個人的に面白かったもの、是非読んでほしいものを中心に5冊紹介します。

極力内容のネタバレやトリックの説明は無しでご紹介します。

「そして誰もいなくなった」 アガサ・クリスティー

クリスティーの小説の中で一番人気の作品。

年齢や職業も全然違う10人の男女が、孤島に集められ、歌になぞらえて次々と死んでいく、「童謡殺人」の元祖。何かの歴史や歌になぞらえて殺人が起こるという手法はこの小説から始まりました。

最後まで誰が犯人か本当にわからなかった・・・。

クリスティーはポアロシリーズが有名ですが、ポアロと違って、終始シリアスです

推理小説に挑戦したい方はまずこれから読んでほしいです。

そして誰もいなくなった (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

「江戸川乱歩傑作選」 江戸川乱歩

江戸川乱歩といえば日本を代表とするミステリー小説家です。その中でも特に有名な一冊。

推理あり、ダークな笑いありの短編集です。すべての作品ががっつり推理というわけではないですが、とりあえず推理小説といえば絶対に外せない一冊。

おすすめは「赤い部屋」と「芋虫」です。

赤い部屋」はとにかく空気が気持ち悪い。そしてオチが笑える

芋虫」はエログロ作品としては素晴らしいです。夫人と中尉の奇妙なまぐわいは最高に奇妙です。

どちらの作品も誰もが持っている、心の奥底にある暗い部分を存分に表現していて、読み終わった後に謎の高揚感があります。

乱歩作品はどれも最高にクールです。

江戸川乱歩傑作選 (新潮文庫)

「葉桜の季節に君を想うということ」 歌野晶午

なんとなく恋愛小説っぽいタイトルに惹かれて購入した小説。

読んだ瞬間から罠にハマる

とにかく主人公がハード・ボイルドで周りのキャラも立ってて良いのですが、この本の面白いところはそこではないのです。

後半近くまで読みすすめていくと「えっ??」ってなる瞬間が来ます。間違いなくトリックにハマってます。

そして思わず読み返しちゃいます。 ついでに心も温まるという素敵な作品です。

葉桜の季節に君を想うということ (文春文庫)

「神様ゲーム」 麻耶雄嵩

この小説は講談社ミステリーランドという子供向けミステリー小説の企画に出た、れっきとした子供向け作品です。

でも、全然子供向けに書いていないトラウマになるレベル

登場人物はほとんど子供だけど内容がえげつないし、自分に子供がいたら読ませたくない。

鈴木太郎くんという自称神様という不思議キャラと主人公とその仲間たちが近所で起きた事件を解決するという話なのですが、途中からだんだん話がおかしくなっていって、最後まで読むと頭がパニックになる先ほどの「葉桜〜」と違い、別の意味で「えっ??」ってなる。マジで後味悪い

でもそれがたまらなく最高です。

続編的小説である「さよなら神様」もとても面白いです。麻耶雄嵩さんにハマるきっかけとなった一冊。

神様ゲーム (講談社文庫)

「翼ある闇 メルカトル鮎最後の事件」 麻耶雄嵩

また、麻耶雄嵩さんの作品。しかもこれは処女作。なのにタイトルには最後の事件

完全にタイトルが出オチです。

長編の二部構成になってます。結構前半は読みにくくてダレそうになります。しかもタイトルのメルカトル鮎が全然出てこない。また、登場人物が多くて名前が難しいので、最初は内容が頭に入ってこないかもしれません。

しかし、二部から怒涛の展開。こんなの読んだことないっていうぐらい面白くなる。今までのことが二転三転する上にトリックが非常に秀逸です。

同じ作家の作品を二冊も紹介するのもどうかと思ったんですが、本当にオススメなので、是非読んでほしいです。

翼ある闇 メルカトル鮎最後の事件 (講談社文庫)

以上、トリックや内容が面白くて絶対にハマるオススメ推理小説5冊でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク